今日も今日とて地球は回る

今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

【台北】台湾旅行ビギナーが選んだホテル蜂巣(ビーハウス)の口コミ【二人旅】

こんばんは、emi(@gtbb250)です。

 

2018年1月1日〜3日にかけて、彼と台湾(台北)旅行することになりました。テーマは「台湾のかわいいを探そう」に決定。

これは私が勝手に決めたもので彼は知るよしもないのですが、台北の素敵スポットを開拓することを決意しました。 

 

 

宿泊先は、蜂巣(Bee Houce,ビーハウス)

さて、今日は宿泊したホテルのご紹介です。ブッキングドットコムを使って予約しました。

はじめは年越しを予定していたのですが、どこも空室無しで。年越しは諦めて、元旦から泊まれる場所を探すと「蜂巣」という蜂(bee)をテーマにしたホテルが限定割引サービスされていて、即決しました。

というのも、こちらは購入したガイドブックに掲載されていたホテルなんです。間違いはないだろうということで予約。

購入したガイドブックです▼ 

ハレ旅 台北

ハレ旅 台北

 

ホテルのインテリアがとりあえず可愛い

ロビーの様子

f:id:gtbb250:20180102015353j:image

1Fのロビー横にカフェが併設されています。私たちは朝食込みの予約だったので、朝は併設のカフェで食事です。

チェックイン・チェックアウトを行うカウンターの横に共有スペースのような場所があります。

誰も座っているのを見たことがないので、おしゃれなインテリアを見せるだけのスペースみたいになってましたが、抜群におしゃれ。

壁紙の色かわいい!水色好き! 

 

各階の廊下 

f:id:gtbb250:20180102015303j:image

エレベーターを出ると、蜂さんがお出迎えしてくれます。どうやらこの蜂はホテルのキャラクターのようです

カレル・チャペックの蜂(バジー)が好きな私にはツボやった...

 

ベッド周り

f:id:gtbb250:20180102015428j:image

部屋だけでなく、廊下にも可愛いタッチで描かれた絵が飾られています。スイカがくじらになって潮吹きしている部分がタネになっている絵など、見立てものが多い印象でした。

蜂を連想させる色のクッションが置かれてあったり、窓ガラスや壁紙の一部に蜂のマークが敷き詰められていたり、蜂を全面に出していました。

イエロー・ブラウン・ホワイトのカラー展開で構成されたインテリアは、あたたかみがあって落ち着きます。

 

お風呂周り

f:id:gtbb250:20180102015449j:image

タオルの置き場も蜂の巣を表す形です。

壁収納憧れる~

 

マグカップ

f:id:gtbb250:20180103080306j:image

マグカップの色はイエローで、ホテルのキャラクターイラストが描かれているという徹底ぶりです。 そこかしこに、蜂や蜂の巣を表す六角形のモチーフがあり、ホテル全体が統一されている印象を受けました。

ビーハウスのここが残念

リネン類も清潔でスッキリとしていましたし、スタッフの方々も笑顔で対応してくださる丁寧な人ばかりであるなど、良いところも勿論あるのですが、残念な部分もありました。

  • 壁が薄くて音が丸聞こえ
  • 設備チェックが行き届いていない
周りの音が丸聞こえ

口コミにも隣の部屋の音が聞こえるとあったのですが、そこまで気にならないだろうと思っていました。

実際は、隣の部屋の話し声やシャワーを使っている音、上の部屋のトイレを使う音が丸聞こえでした。夜遅くまで話されていたら気になって眠れなかっただろうし、 反対に自分たちの話す内容も聞こえていたかと思うとプライバシーも何もあったもんじゃありません。

これはアウトやろ~

 

鍵がかからない

設備面については、まず鍵がかからないという事態になりました。オートロックでカードで開けるタイプのものだったのですが、部屋から出ても鍵がかからなくて。フロントに伝えたら、「時間が経てば自動でかかるから。」と。その言葉を信じて観光に出かけ、帰ってきて部屋のドアに手をかけると普通に開いた状態でした。何もなくなっていたものもなく、すぐに部屋を移動させてもらえたので良かったですが、こんなことってあるんだと驚きました。

 

おしゃれさが仇となる

バスルームがユニットバスタイプだったのですが、基本的にカーテンで仕切るところが多いと思います。このホテルはガラスで仕切られているのですが(「お風呂周り」の写真参照)、これが曲者で水が少しずつトイレ側に漏れていました。また、何故か手洗い場がバスルームにはなく、部屋のデスク横に設置されていたのも使い勝手が悪いなぁと思いました。

 

設備面は良くない方だと思いますが、インテリアが可愛いので許してしまいます。 寝泊まりするだけと割り切るなら、十分なホテルだと思います。

台湾旅行記 第1弾は宿泊したホテルについてでした☺