今日も今日とて地球は回る

今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

自己肯定感を高めるために取り組んでいること

こんばんは、emi(@gtbb250)です。以前、「自分という素晴らしい存在を認めよう」という気持ちで、次のようなツイート☟をしました。

このときの私は、落ち込むキッカケを自ら探しにいくような荒れた心の状態で、他者と比較し自分に無いモノを見つけ、悲観するという悪循環に陥っていました。

そんな私が自分を少しずつ認められるようになった話をしたいと思います。

f:id:gtbb250:20180313010557j:image

他者と比較することをやめよう

そもそも、他者と比較することで得られるメリットは何でしょうか。

  • 気持ちを上げていくキッカケになる
  • 相手の良さが分かる
  • 自分に足りないものが分かる

こう書いてみると、比較すること自体は悪いことではないような気がします。比較して見えてきたものを、どう捉えていくかが大事なのかもしれません。

人との差を闘志に変換できるタイプの人は比較することで自分を高めていけるのだと思いますが、人との差にすぐに落ち込んでしまうタイプの人は比較すること自体をやめた方が良いと思います。

比較することで疲れるくらいなら、比較することをやめよう

 

自分を認めてみよう

いつのまにか誰かと比較して一喜一憂する自分。「あの人は出来ているのに、何で私は出来ないんだろう…」と落ち込み、自分を責めることが増えました。人って、マイナスの状態へは一気に突き進んでいくんですね。

「なんで、なんで、なんで。」

自問自答し、自分を追い込んでいく中で、同居人である彼はずーっと繰り返し同じことを私に言ってくれました。「誰かと比べて自分を卑下する必要はないんやで。出来ないことがあって、それが何の問題になるんや?」

私にとって、誰かと比較して自分が出来ていることを見つけるより、比較せずにダメな自分でも自分だと認めてあげることの方が大事だったみたいです。そういう風に思えたのは、彼が繰り返し私の存在を認めてくれたからだと思います。そして、私自身が自分を認めてあげないと、これからも比較疲れしてしまうことに気が付きました。

 

自己を認めよう

他者と比較することで、自分自身がしんどくなると分かっていても、ついつい比較してしまいます。今まで小さなことから大きなことまで他者と比較して自分を見つめてきたわけですから、そうすぐにはやめられません。

では、どうしたら比較することをやめられるのでしょうか。どうすれば自分を自分で認めてあげられるのでしょうか。

  • ダメな自分を認めて、そんな自分も良いよねと受け入れること
  • 少しでも出来たことを褒めてあげること

しかし、もともと他者と比較し落ち込んでいる人が、いきなり「自分は素晴らしい存在だ」と自分を認められるようになるのはとても難しいことかもしれません。そこで、私が自分で自分を認めるために取り組んだことを紹介します。

 

周りの人に褒めてもらう

自分の周りに、他者を肯定的に捉えられる人がいたら、どんどん褒めてもらいましょう。

今日は気持ちが落ち込んで仕事に行きたくないと思ったけど、行ってきた

えらいな~

部屋のモップがけした

すごい!ありがとう!

些細なことでも褒めてもらうことで、もしかして私ってすごい???と思えるようになります。私の場合は、一緒に暮らしている人がドシドシ褒めてくれるので、出来なかったこと(マイナス)より出来たこと(プラス)に目を向けられるようになりました。

 

Twitterで褒めてもらう

現実世界では、褒めてもらうのは難しい人もいるかもしれません。でも、Twitterなら褒められる確率は高いです(私調べ)。

洗濯物干しただけで褒めて(いいねして)もらえるTwitterは優しい世界...。ポイントは、自分から褒めてくれ~という雰囲気を出すことでしょうか。褒めてほしいな~という下心をゆるイラストが包んで届けてくれます。

 

自分で褒めてみる

f:id:gtbb250:20180313110903j:image

この汎用性の高いイラストは、たっつんさんが描かれたもので、他にも色んな種類があり、まさかのフリー素材なのです。

「えらい!」と「すごい!」は、特に自己肯定感を高めてくれます。たとえ周りの人にもTwitterでも褒めて(いいね!がもらえ)なくても大丈夫です。このイラストを見るだけで、心の底から褒めてくれてる...!そんな気になるので、セルフ褒めができます。

おそらくポイントは両手をあげていることで、全力で「えらい!」「すぎょい!」と思ってくれている人がいるような気になるんですよね。

なんならハグまでしてくれそう

自己肯定感を高めるためには欠かせないイラストだと思います。そんな素敵なイラストを描いてくださったたっつんさんのイラストはIllustrationにまとめられていますので、ぜひご覧ください。イラストがまとめられているページありますか?って聞いたら作ってくださった...すぎょい...かわいいイラストがたくさんあります。私はたっつんさんの色のセレクトが好きなんですよね。ポップだけど柔らかくて。このイラスト気に入ったぜ!って方は、お仕事依頼のページから問い合わせしてみてください。図解イラストめっちゃ分かりやすいですよ。

≫≫記事寄稿、記事広告、レビュー依頼、バナー広告掲載、イラスト作成のご依頼について - とどろけ!サブカル女子 

たっつんさん、すてきなイラストを描いてくださってありがとうございます!

 

 

もともと自分のことを認められない自己肯定感が低いタイプの人間でしたが、イマイチな部分も含めたいまの自分を好きになりつつあります。褒めるって大事です。そのときに他者との比較は必要ないんですね。どんな自分でも認めてあげることが大切なんだと思います。

自己肯定感についてもっと知りたいので、次の3冊を読んでみたいです。

『 わたし肯定力 ありのままでいい。そのままでいい。自分を認める力を身につけよう。』

わたし肯定力  ありのままでいい。そのままでいい。自分を認める力を身につけよう。

わたし肯定力 ありのままでいい。そのままでいい。自分を認める力を身につけよう。

 

『 それでいい。』

それでいい。

それでいい。

 

『心が軽くなるイラスト&メッセージ 「私は自分が好き」と言うことから始めよう』

心が軽くなるイラスト&メッセージ  「私は自分が好き」と言うことから始めよう

心が軽くなるイラスト&メッセージ 「私は自分が好き」と言うことから始めよう

 

☞以上、emiでした。emiへの質問、ブログの感想、リクエストはこちらからどうぞ♩