super duper

最高の1年にするための記録

応援しているアイドルと距離をおく

コンサートに行かないことを決意した。楽しみにしていたはずなのに、コンサートのことを考えるたびにしんどくなってしまう。K-POPアイドル用のアカウントも作ってるんですが、そちらで関連のツイートを見るのも心が晴れなくて、どうしたものかと思っていました。

一つの仮説が、今回とりやめたコンサートを開催するアイドルグループ(P)を知ってハマッていった時期が、自分の絶不調時と重なっているからではないか、というもの。

 

ちょうど2018年夏、私は泣くことぐらいしか出来ていなかった。部屋のカーテンも開けられず、彼の「行ってきます」にも答えられない、夜は眠れない、苦しくて仕方がなかった。

 

そんなときに出会ったのが(P)。彼らを見ていると、止まっていた心も動く。積極的に(P)を見るようになりました。ちょうど日本語版CDを出していたということもあり、イベントも開催されていて。「ツイッターのTLは、イベント行きますか?」であふれていました。行ってみたいけど、怖くて行けない。適当な理由をつけて、行かない旨を周りに伝えていたな、そういえば。

 

相互フォローの人にCDを安く譲ってもらうことになったものの、郵送ではなく手渡しと言われ...その頃はまだ電車にも乗れない時期だったのだけど、人に説明しても分かってもらえないだろうと、自分を奮い立たせて待ち合わせ場所に行ったことを覚えている。

 

そして、しばらくして発覚したメンバーの熱愛、そして数か月引きずった上での脱退。そのメンバーが推しだった人はペン卒した人が多いと聞く。私は初めてアイドルにハマり、初めて応援していこうと思ったメンバー・グループだったのでついていけなかった。

周りは、むしろ脱退したメンバーに批判的で。なかったことにして、いまのメンバーたちを応援しているように見える。私は今のグループを見るたびに、脱退したメンバーを思い出し、彼の熱愛が発覚したときのことを思い出し、自分がしんどかった時期のこともあわせて思い出す。

 

鮮明に思い浮かぶわけではないけど、自分でも分からないところで、グループと自分の嫌な過去を結び付けてしまっているのだろうと思う。まだ心療内科の先生に話したわけではないけど、自分では少し距離をとった方が良いのでは?と思っている。

自分の中で整理して、純粋に応援できるようになったら、たくさんの愛をこめて応援しよう。

---end---