super duper

最高の1年にするための記録

韓国語教室に通い始めた

12月末に思い切って体験授業に参加し、そのまま入学を決意。

2019年のやりたいことリスト(参照:【2019】平凡な日々に彩りをそえる、やりたいことリストを作ろう!|emi journal)に、「韓国語を話せる(読める)ようになる」があるので、一歩進んだような気がする。といっても、文字を理解し始めたばかりだけど...。私の独学では、この段階で行き詰まっていたので通って良かった。やっぱり、先生も教え慣れてるから(?)喩えとかも上手だなぁと思う。

自分が教えるという立場にいてたから分かるんだけど、落としこみどころを見つけて(喩えが無理矢理だとしても)「そうなのか~」と思わせるところが大切なところがあると思います。その後は自分との戦い。どれだけ量をかけられるか。

1500時間以上の勉強で「あれ?分かる、かも?」ってなるらしいです。1500時間も?!と捉えるか、1500時間かければ良いのか!!って捉えるかは自分次第ですよね。今年の私は後者でありたいなと思います。

1年間でこの時間をかけようと思えば1日約4時間。まとめて時間をとることは出来なさそうだから、勉強時間を手帳に書くようにしてるんだけど...やっぱりタイマーあった方が便利かな?と思い始めてる。今年のemiに期待するぜって方は、私のほしいものリストからタイマーを送って下さって良いのですよ...?(誰だ)

とにかく毎日勉強することは続けている。citta手帳のウィークリーページをハビットトラッカーのように使っていて(参照:【2019】未来を予約するcitta手帳の使い方を公開!|emi journal)間違いなく、これのおかげ。勉強以外にも、習慣化つまり毎日したいことはcitta手帳で管理するようにしています。citta手帳でなくても、ウィークリーページにフリースペースがあったら、自分でハビットトラッカー作れるんじゃないかな。本来のハビットトラッカーって月毎だと思うんですが、それを週毎にすることで続けるハードルが下がっておすすめです。

2019年、新しく言語を習得しようとしている方は、読者さんの中でいらっしゃいますか?いたら、一緒に頑張りましょうね。毎日、山のように勉強しない誘惑はあるけど、1分でも勉強すれば自分を許せると思って、私も頑張ります。

---end---