今日も今日とて地球は回る

今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

「後悔先に立たず」6/18に起きた地震を通じて思ったこと

こんばんは、emi(@gtbb250)です。

今日、大阪府北部を震源地とする地震が起こりました。1週間ほど様子を見ていかないといけないという話です。

今回の地震を通じて、思ったことを書き留めておきたいと思います。

 

今まで起きた地震を自分ごととしていなかった

阪神大震災を経験したときの私は幼く、すぐ横に母がいたので、「守ってもらえる」という安心感から、地震の影響をそれほど感じてはいませんでした。

どこか他人事にしていた自分がいます。地震対策など、何一つ取り組んでいませんでした。

今までもたくさんの被害が出ていて、そのたびに防災意識の呼びかけがなされていたと言うのに。

それを自分でも見聞きしていたというのに、後回しにしていました。遠い出来事のように感じている自分がいたんです。

実際に起きると、動けなくなることが分かった

地震発生当時、私は彼を見送って二度寝タイムに入ろうとしていたところでした。

うつらうつらしていたら、いきなり横に揺れて。

地震が発生したらこうするって、学生のときも社会人になっても訓練してきたはずなのに、何もできずベッドに横たわったまま動けませんでした。

精神的なケアが必要になると思った

1時間ほどベッドから出ることが出来ませんでした。どうしたら良いかパニックになって、動けなくなったんです。 

怖くなりました。色んなことが頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えしました。

Twitterを見ても、地震に関するツイートが嫌でも目に入ってきます。

ツイートの中には有益な情報もたくさんあると思いますが、見るたびに混乱して心が落ち着かなくなりました。

「いつもと何かが違う。」

これだけで自分がパニックに陥ること、初めて知りました。

もしかしたら、今日の地震は前震かもしれない。それなのに、いつもと変わらない日常がある。これが怖くて仕方ありません。

「いま、出来ることをしよう。」

そう思っても、何から手をつければ良いのか分からない自分がいます。寝ることも、少し怖いです。それでもい今出来ることをするしかありませんね。