今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人が、興味関心のあることを書いているブログです。

習慣化するにはモチベーションは関係ない?ポイントを3つにまとめてみたよ。

こんばんは、emiです。今日は「習慣化」についての記事を書きたいと思います。最近こんな本を読みました。

『小さな習慣』という本です▼ 

本に書かれてあること

この本では、何かを習慣化させるためには、本当に小さなことからスタートさせると良いと勧めています。

小さなことをコツコツ積み上げていくことによって、反射的にコトを進めることができるようになり、習慣化できるようになるとのことでした。

 

モチベーションで習慣化はできない

振り返ってみると、私は継続することが苦手です。これを続けよう!と目標を決めても、いつのまにかなかったことになっています。

それは、自分の意識が低いから、ダメダメな人間だからと、自分の気持ちの問題にしていましたが、どうやらそれは間違いのようです。

『小さな習慣』においては、モチベーションを保つことによって習慣化できるわけではないと説きます。

なぜなら、モチベーションとは人の感情に左右されるもので、人の感情はその時々の状況に影響されやすいからだそうです。モチベーションは変動しやすく、当てにならないということですね。

確かに、毎日の生活が忙しくなると、今日は疲れたからおいとこう・・・なんてことが続いて、最終的に当初の目標が達成できないということがこれまでに何回もありました。

「今日は疲れた。しんどい。」というのは感情ですね。どんな状態でも続けられるような、本当に小さな習慣を始めることが大切ということでした。 

 

本当に小さな習慣から始めよう

この本を読んで始めてみた習慣があります。それは、脚パカ運動です。下半身に肉がつきやすく、今まで履いていたズボンが履けなくなるという事態に陥ったことから、下半身痩せを決意しました。

『小さな習慣』に書かれてあったとおり、馬鹿げているぐらいの小さな行動から始めることにしました。

それは脚パカ運動を1回すること。簡単すぎて、1回以上はしてしまいますし、毎日続いています。結果、彼に「お尻周りの肉減ったな」と言われるぐらいになりました。ちなみに、彼は脚パカ運動に取り組んでいることは知りません。

脚パカ運動1回は簡単すぎるので、この本を読んでいなければ、脚パカ運動30回!とか毎日続けるにはしんどそうなことを目標にしていたと思います。

日によって数の変動はありますが、時間と体力に余裕があるときは、脚パカ運動を30回もしているときがあります。

最低でも1回するという簡単な行動に落とし込んだおかげで、習慣化し、結果も表われるようになりました。

小さな習慣のポイント3つ

  1. 何を習慣化させたいか決める
  2. 一番簡単な行動を決める
  3. 毎日、1回以上取り組む

 

小さな習慣を取り組むことで、何を習慣化させたいのか。これをまずは考える必要があります。その次にゴールから逆算して計画をたて、一番簡単で小さなことから行動に移していきます。

 

emi memo

私の次のステップは、脚パカ運動を「毎日、1回以上取り組む」ことで、日々の生活において脚パカ運動が自動的に行われるぐらいまで脳に刷り込むことです。

反射的に脚パカ運動ができるようになれば、次の新しい習慣化に取り組みたいと思います。それまでは、ひたすら脚パカ運動に取り組みます。