今日も今日とて地球は回る

今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

あなたも妖怪女子かも?幸せな恋愛・結婚を求めて読んでみた。

「自分の思い通りにいかなくても、口に出してはいけない。相手が喜ぶような返答をしなくてはならない。だから、自分の思いは我慢しなくてはいけない。」この考えは、私がずっと思い込んできたことです。

 

今まで読んできた本に「自分がご機嫌でいることが大切」や、「自分の気持ちに素直になる」などと書かれてあっても、それを信じて行動することが出来ませんでした。

「自分」を主体に思うことはいけないことだと思っていたのです。しかし、自分の思いに蓋をしても、いつか爆発します。爆発して後悔しての繰り返しでした。

 いま考えるとなんてことないことで、彼に対してモヤモヤして、ふらっと家を出ました。気持ちを切り替えようと本屋に行ったところ、たまたま『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』という本を発見。

パラパラと読んでみて、今まで色んな本に書かれていた「わがままに過ごそう」と書かれていた意味が理解できました。

 

「わがまま」というのは、「我を通すこと」ではなくて、「自分が思っていることをちゃんと相手に伝えること」なのだと思います。

私は今まで「わがままを言ってはいけない」と思っていました。しかし、それがいつのまにか屈折したわがままへと変化していたのです。

だって、「こうしてほしい」「ああしてほしい」という自分の思いは消えずにあるのに、それをなかったことにして相手の思うような方向にもっていくことの方が難しい。ようやく、そのことに気づけました。

 

一冊の本に出会ったおかげで、私の心にすくう#妖怪女子は供養されました。

彼にも、「これからは思ったこと、ちゃんと言います」と宣言しました。自分の思いと相手の思いを並べて、その上でどの選択をするのかを考えることが大事だなぁと思いました。

この本を読んですぐさま改心し、家に飛んで帰ったので購入してませんが、次に血迷ったことをしたときにはこの本をお札代わりに買うことを誓います。

恋人がいながら男遊びがやめられない友達や、結婚したいと言いながら結婚の見込みがないと分かっている男と付き合い続けている友達に送りつけたい本です。

 

この方が書いています▼

papuriko.hatenablog.com

あなた(の彼女)も妖怪女子かも▼