今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人が、興味関心のあることを書いているブログです。

モブ子でも大丈夫!カットモデルになってみた。

カットモデルと聞くと、敷居が高いかもしれません。読者モデルがやってそうなイメージですよね。しかし、モブな我々でも参加できるカットモデル募集があります。むしろ、美容師さんはモブを求めているのではないかとすら思っている次第。

 

カットモデルになってみよう

読者モデル以外でもカットモデルになれると知ったのは、前の職場の同僚が教えてくれたからです。彼女は一人暮らしをしていて、二人暮らしをし始めた私は、彼女から色々と節約情報を教わる中で、カットモデルの存在を教えてもらいました。

「髪型に、何かこだわりあるん?」

「ない。」

「なら、カットモデルしぃや。」

「カットモデル、とは。」

「美容師さんの練習台やな。無料でやってくれたりする。」

なんと、その同僚は、一人暮らしを始めてからずっとカットモデルで髪の毛を整えてきたらしいです。全然分からない仕上がり。むしろ、カラーなんかプリン状態を見たことがないほどです。髪の毛は整えたい、カラーもしたい、けどそんな余裕はない。伸ばせるだけ伸ばして、市販のカラー剤を使うしかないのかも?と思っていた私には朗報でした。今日は、カットモデルとして髪の毛を切ってもらうまでの流れをまとめます。

f:id:gtbb250:20170512011813j:image

カットモデルの募集を探す

私は、mi●iで探しています。高校生の頃、流行りました。当時のアカウントなんて覚えていないので、新しく作り直しました。友達はいません。コミュニティで「カットモデル」と検索をかけ、コミュニティに参加します。地域別がおすすめです。

あとは、こまめにコミュニティにトピック投稿されるのをチェックします。指定が多いので、自分に合うものをひたすら探します。例えば、何センチ以上切りたいとか、朝早く夜早くなどの指定です。無料のものもあれば、有料のものもあります。カラーなどは、材料代がかかる所が多い印象です。

 

カットモデルの申し込み

いいなと思ったら、投稿者のトップページにとんで、メッセージで「コミュニティから飛んできました。詳細お願いします。」と送ります。美容師さんから返事が来るので、自分の条件に合えばお願いし、詳細を聞いてみて違うなと思えば断ります。

返事がない人も中にはいます。私も経験しました。忙しいんだろうなと割り切って、違う所に応募します。

 

実際にカットモデルになってみた

カットモデルに応募が完了したら、あとは切ってもらいに行くだけです。

1回目は、開店前の美容室でカットでした。来月からスタイリストデビューするとのこと。カットする長さは指定がなく、アレンジの練習がしたいとのことだったので、長さは整えてもらうだけにしました。アレンジのときには、店長さんが横について指導されながらのアレンジでした。男だけど編み込みの勉強もしないといけないんです、コテも練習してようやく巻けるようになったんですって、巻けない私より彼はすごかったです。

2回目は、美容の専門学校内ででした。たくさんの人が練習していました。3~5センチほどカットしたいとのことだったので、長さはお任せし、軽くしてほしいことを伝えました。今回も指導者のような方が横についてアドバイスしながらのカットで、最初の仕上がりから何回も試行錯誤ののち、ようやく仕上がりました。とても時間がかかりましたが、最終的な仕上がりは気に入っています。前上がりボブです。今まで前下がりしかしたことがなかったので、嬉しいです。最後に写真を撮られて終わりでした。記録用だと思います。撮る前に、撮っても良いかどうかを確認されたので、どうしても無理なら断ってもいいと思います。

 

スキルアップを目指す美容師さんの役に立って、そして自分も髪の毛を定期的に整えられる。カットモデルやってみて良かったです。次はカラーに挑戦します。

今週のお題「髪型」

 

広告を非表示にする