今日も今日とて地球は回る

今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

ミニマムレベルを追究して豊かな節約生活を手に入れる。

今までの私は、気になる!と思えば、すぐに購入するタイプだった。二人暮らしを始めてからはそうもいかなくなり、日々節約。彼と私では、当たり前だけど節約に対しての感覚が違うところもあって、難しい。

 

4月の家計管理について書いた記事です▼

gtbb250.hatenablog.jp

興味関心は、やはり「節約」

いまの経済状況では、節約なんか気にせずに暮らしましょうよ、なんてことはできない。しかし、ケチケチするのも何か違う。彼はあまり気にしないタイプなので、私が節約する上でリードする形になるが、強制するのではなく、結果として節約することになっているような仕組み作りが大切だと思っている。世の中では、どのような節約に取り組んでいるのか、「生活」についての本を読んだり、ネット検索したりすることが多くなった。

豊かさと節約は両立できるか

「節約しなければ」と思うと生活を最低限のものにするしかないのだろうか。「豊かな生活をしたい」と思うと節約にならないのだろうか。

「いかに金をかけずに、生活の質を上げてゆくか」の追求。

「いかに安い食材で、豊かな食生活を送るか」の探求。

そのために、僕は脳ミソを使う。

年収100万円の豊かな節約生活術 (文春文庫)

節約は頭脳戦なのだと思った。

今までの私は、たくさんのことを求めすぎていた気がする。それぞれのものに、ミニマムなレベルを求めることにしようと思う。「そこまでこだわっていないよ」というものがあるはず。

例えば、ボディ用日焼止め。今までは、アリーじゃないとダメ!なんて思っていたけど、すぐに塗り忘れる私である。もう少し安いものでも良いのではないか。ドラッグストアで買えて、乾燥しないもので。となると、アリーでなくても良くなる。(例)日焼止め ミニマムレベル:ドラッグストアで買えるプチプラ。乾燥しない。

このように、自分の気持ちがギスギスしない程度にミニマムレベルを追究していく。そして、自分の好きな分野では少しばかりの贅沢をする。楽しく思えてきた。

 

見極める力を手に入れる

金の使い道の取捨選択が上手くいくかどうかが、日々の食卓を楽しむ鍵ーただし、”選択と集中”と言っても、何を大切にし何を削るかの基準は、人によって違うだろう。

年収100万円の豊かな節約生活術 (文春文庫)

今まで私は、「お金の使い道の取捨選択」が上手でなかった。節約に関しても取捨選択が出来ていなかったように思う。一般的な節約方法が、私たち二人には合わないこともある。見極めが大事なのだ。自分で出来て、なおかつ精神的にも負担にならないもの。買い物に関してもそう。安かろう悪かろうの商品もあれば、高くても駄目な商品もある。その逆も然り。

節約に関してはトライ&エラーでこれからもやっていくつもりだけど、買い物に関しては時間をかけようと思う。吟味するということを覚えた。最近ファンデーションを買った。タッチアップもして、彼や友人に感想を聞いて、ネットで口コミを調べてから購入した。以前の私なら、気になる!即購入だったので、成長したと自分を褒めている。

 

楽しく節約して、浮いたお金でプチ贅沢を目論み中。我が家の電気代は、コンセントをこまめに抜くことで先月より電気代が低くなりました。このことを受けて、テレビ周りのコンセントを整理しようと考えています。

 

節約×おいしいレシピ集。お世話になってます▼