今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

170413 『憂国のモリアーティ』

シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授が主人公のこちらの漫画、久しぶりに本屋に行くと2巻まで出ていました。「シャーロック・ホームズ」といえば、小学生の頃に図書館で借りて読んだ初めての推理小説、初めての翻訳本だったように思います。

モリアーティ教授というと、「シャーロック・ホームズ」の中でも数回しか登場してないんじゃないかな。それでも手強い敵という印象があって、その人が主人公なんて面白そうと思ったのが1巻購入のきっかけです。スピンオフというか、脇役に焦点をあてた話も好きだったりします。

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

 
憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス)

 

イケメンダークヒーローの、悪は悪で制すお話。湿っぽいロンドンを舞台にしたお話も、自分の好みに合う。「シャーロック・ホームズ」(映画も本も)、「スウィーニートッドの理髪店」(映画)、「黒執事」等々。

 

1巻は売ったので手元にはありません。2巻はkindleで買おうと思います。漫画は買い始めたらどんどん増えてしまいますね。皆さんが手元に残している漫画は何ですか?

広告を非表示にする