今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人が、興味関心のあることを書いているブログです。

本は、借りる派?それとも買う派?

気になるテーマができると、とりあえず本をまとめて買ってしまう。そのときの興味関心が、本の購入履歴とリンクしている気がする。いきなりですが、本代が、お小遣いでまかなえなくなりました。でも本は読みたい。

どうしているのかと言うと、メルカリに出品して得たポイントでメルカリ内で購入。もしくは図書館。小学生のころはよく通っていたけれど、社会人になってから再び利用するとは。

 今になって知ったのですが、図書館の利用法として予約システムがあるんですね。図書館には、読みたい本が置いてない!と思っていたけれど、予約をすると取り寄せてくれるんですね。当たり前なのかな。知らなかった。

住んでいる地域は、他の図書館と連携しているみたいで、この本借りたいけど借りて読めないっていうのは今のところ1冊しか経験してないです。(「深爪式」って本です)

 図書館で予約するようになってからは、本を買うことに慎重になりました。そもそも図書館においてないとか、どうしても今読みたいとか、手元において何回も読みたいと思う本をのみ買うようにしました。

予約件数が多いのとかもあるんですよ。人気がある本とか新作とか。それも気長に待っとこうって思って。ほしいって思ったときがほしいんです!って気持ちがおさまってきました。

 図書館に本が届いたら、メールが来るようにしてて、そのメールがとっても待ち遠しいし、メールが来て本を受け取りにいく時はとてもわくわくする。

 

でも、自分が本を借りることで、本を買うことが少なくなるわけだから、出版業界に貢献出来てない気もしてます。今まで、本を買うことが著者の方や出版業界に対しての自分なりの微々たる貢献だと思っていたので。

気になって他の人の意見もネット検索してみたら、買う派借りる派、色んな意見がありました。自分なりの線引きをもって購入したり借りたりすれば良いのだって楽になって、図書館ライフも楽しもうと決めました。

「気に入った本だけを購入していずれは私設図書館のようにしたい」という意見が私はとても気に入りました。お気に入りのものに囲まれたい私としても、本もお気に入りのものだけを残して私専用書庫を家に作りたいなと思いました。良いアイディアもらったな。

 

まずは本の整理から始めてみよう。

 

ちなみに、久しぶりに買った本はこちら。

時間が貯まる 魔法の家事ノート

時間が貯まる 魔法の家事ノート

 

 手元に置いて、何回も繰り返し読みたいと思ったので。これを読んでから、気づいたときにやってた少しめんどくさい家事を、ルールを決めて取り組むようになりました。例えば、お風呂場の排水溝の掃除は「奇数日に行う」とか。何回も読んで落とし込みます。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村