今日も今日とて地球は回る

どこにでもいそうな人視点で生活の向上について書いているブログです。

気になることがたくさんあります。【3】

気になるモノコトシリーズ3回目です。

 

2回目はこちらです▼ 

gtbb250.hatenablog.jp

f:id:gtbb250:20170708001825j:image

粉ふりスプーン

料理の際、粉をまぶす機会って多くはないけど少なくもないと思うのですが、いかがですか。うちには茶こしもないので、スプーンですくってペペッと振りかけていました。雑すぎますね。案の定、粉のかかり方は不均等でした。そこで便利なグッズを発見しました。

マーナの『粉ふりスプーン』です。名前そのままなのですが、このスプーンですくって粉をふりかけます。

 

粉ふりスプーン▼

赤・黄・黒の三色展開でした。キッチン用品の細々したものはシルバーとブラックで揃えているので、黒がいい!と思ったのですが再入荷待ちでした。黒が人気なんですね。値段は跳ね上がりますが、ステンレス素材のシルバーもありました。

 

ステンレスの粉ふりスプーン▼

ステンレスか黒が良いなぁ。でも、使用頻度は高くないので、予算は低め。買うとしてもブラックの再入荷を待ちます。口コミでは、サイズが思っているより大きかったという意見がチラホラあったので、実物を見ることが出来たら一番良いですね。

 

omegavispen

オメガヴィスペン。先端がオメガ(Ω)の形をしているスウェーデン発のキッチンツール。

1本で何役もこなすことができるらしい。見た感じマッシャーっぽいですね。ポテトサラダを作りたくて調べていたら、オメガヴィスペンに出会いました。多機能商品好きなので、これはぜひとも使ってみたいです。キッチンツールは常に使いやすく便利なものを探しています。それもこれも、料理のハードルを下げるため。必要経費。

 

kurashiru

www.kurashiru.com

レシピ動画が流行っていますが、写真だけのレシピ集より作る過程を視覚的に捉えやすいからだと思います。料理が苦手な私も、instagramに載せられているレシピ動画を参考にさせてもらっています。kurashiruは、おいしそうだなと思ったレシピ動画の元のサイトで、すぐにブックマークしたのでした。おすすめレシピ動画●撰なんてやってみようかな。

 

スリムなキッチン収納用品

幅25cm以下のキッチン収納用品を探しています。冷蔵庫とレンジの間がフリースペースになっており、分別ゴミ箱かキッチンラックが置けないものかと思っているところです。

  • 色はブラウン
  • ラックなら引き出し式
  • ゴミ箱なら蓋付き

以上の条件をもとに探しています。ピッタリのものが見つかりますように。うちのキッチンは狭いですが、「キッチンはコックピットのように」と何かの本で書かれていて、それを読んで以来狭いキッチンが好きになりました。

 

華奢ストラップサンダル

CanCamの星形ライトがほしくて雑誌を久しぶりに購入しました。せっかく買ったのだから参考にしようと熟読していたら、2017SSには華奢なストラップサンダルが流行るとのこと。気になって調べてみました。おなじみの楽天です。

 

色と材質が豊富▼

華奢なストラップサンダルの他にもカラースエードミュールサンダルが流行ると書いてありました。この楽天ショップのサンダルはスエード生地もあるので、一気に流行りを手に入れることができます。価格も3000円以下。一夏用と考えれば満足です。

 

T字もかわいい▼

shop-list.com

ベルトが2本じゃなかったら買ってたかもしれない。けど、この靴に合うような服を持ってないな。やめておこう。これは、5000円以下です。

 

emi memo

キッチン用品は、使いやすさはもちろんのこと、見ていて嫌にならないものが良いと思っています。基本的にキッチンの色はシルバー・ブラック・レッドと決めているので、購入するときに迷いません。

この場所にはこの色を、と大体決めているだけでも買い物が楽になるので、場所ごとのカラー決めをおすすめします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

やりたいことリストを叶えるために、見直してほしいこと2つ。

やりたいことリストを作ってみたものの、なかなか達成できていないような気がする人、いませんか?

毎年やりたいことリストを作成して3年目にして、なかなか達成できない理由は2つあるのでは、と思うようになりました。ぜひ、この記事を機会にご自身のやりたいことリストを振り返ってみて下さい。

▽目次▽

f:id:gtbb250:20170706085633j:image

ニセモノが混じっているかも!

本当はやりたいと思っていないことが、やりたいことリストの中には入っている可能性があります。というのも、本当にやりたいことだったら、何とかして叶えようとするはずなんです。

100%の状態で達成出来ていなくても、1%はやりたいことに向けて叶えようとしているはず。なのに、やりたいことリストに書いてしばらく経っても0%の項目がある。

それって、本当にやりたいことではなく、ニセモノの願いかもしれません。なかなか達成できない項目は、やりたいことだと勝手に思い込んでいるだけ。

本当にやりたいことではないのだったら、自分も積極的に動こうとはしませんよね。達成出来なくて当然です。

 

はじめの一歩、踏み出してる?

すぐには達成できない願いもあるかと思います。例えば、ある一定の時期にしか達成するチャンスがないものもありますよね。
その場合であっても、1%でも叶えることができるように行動してみることが大切だと思います。
例えば、夏に「年末年始は一人旅をして、地元から離れてみる」と思いついたとします。年末年始に一人旅をしないと、このやりたいことは達成できないわけですが、旅先の決定は今からでも出来るはず。
これがはじめの一歩です。すぐに100%の状態に持っていけなくても、1%は達成できるようにしてみることが大切ではないでしょうか。
やりたいことリストを書くだけではなくて、叶いそうなチャンスを逃さず、少し行動してみるだけで、トントン拍子に達成できることもありますよ。

 

emi memo

やりたいことリストは定期的に見返すことをおすすめします。やりたいことリストに追加しようと思ったときでも良いし、月のはじめに見返す時間を設けるのも良いですね。

私もやりたいことリストを見返して、今月も叶えるための一歩を踏み出します。

ちなみに、ニセモノのやりたいことを発見したときは、リストから削除するか、次の年の書き換え作業の際、リストに追加しないようにしています。

 

やりたいことリストの作り方▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

emiのやりたいことリスト一覧▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

一歩踏み出して叶えたやりたいこと▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

やりたいことリストを書きっぱなしにしている人は、一度見返すことをおすすめします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

何者にもなる必要はない!『メアリと魔女の花』の試写会へ。

メアリと魔女の花』の試写会に行ってきました。ネタバレはしていないと思いますが、映画を観た感想記事です。

 

▽目次▽

f:id:gtbb250:20170704230041j:image

何者かになる必要はない

禁断の魔女の花「夜間飛行」との出会いによって、一夜限りの魔女の力をメアリは手に入れます。

しかし、今までの自分とは違う何者か(映画では魔女)になったとしても、本質的なメアリの天真爛漫さや不器用なところは変わりません。

それだったら、何者かになることを憧れるより、あるがままの自分をまずは受け入れてあげた方が、きっと良いはずって思ったのでした。

自分ではよくないって思っている顔のパーツが人にチャームポイントだと言ってもらえたり、誇れる才能などないと思っていても、これはあなたにしか出来ないことだと言われたりすることもありますよね。

自分の赤毛を気に入らなかったメアリですが、それが価値あるものだと気づき嬉しく思うシーンがあります。

自分のことを一番よく分かっているのは自分、ではないのかもしれないです。自分のこともよく分からないのに、なおさら何者かになる必要はない気がしました。

 

言葉の面白さ

「魔法科学」

科学と魔法って相反するイメージがあるのに、それらを組み合わせて一つの言葉としているところに面白さがあると思いました。実際、映画における「魔法」は、ハリーポッターシリーズが好きな人からすると、ん?魔法?となる部分があるかもしれません。

しかし、どちらも扱い方を間違えればとんでもないことになるシロモノという点では共通点しています。結局は、魔法においても科学においても「力」は怖いものではなくて、それを扱う人によるものなんだと思いました。

「夜間飛行」

メアリに魔女の力を与える魔法の花の名前です。夜間は夜の世界の住民である魔女を、飛行は空飛ぶ箒を象徴しているのかなと思いました。「魔法科学」の「魔法」という観点からみると夜間飛行=魔女が乗る箒、「科学」という観点からみると夜間飛行=飛行機かな、なんて想像しました。

 

emi memo

誰もが自分だけのストーリーがある。メアリのように、魔女の花を手に入れなくても。

久しぶりにアニメーション映画を観た気がします。躍動感のある映画でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

ラク家事で自分時間を増やしたい!無洗米にチャレンジしてみた話。

彼と同棲しています。私がすべての家事の中心です。私の方が時間もあるし、家のことを過ごしやすいように考えたり、実際にやってみたりすることが好きなので向いています。

f:id:gtbb250:20170704113505j:image

無洗米にした理由

うちでは、炊いたご飯は専用の器に入れて冷凍しています。容器が空になった次の日のおかずを作る前に炊くようにしているのですが、おかずを作り終えてから、「あ!ご飯ない!」ということが多々ありました。

おかずを作るだけでも料理初心者は頑張っているのに、さらにシンク内に置かれたの使用済みの調理器具などを洗いってお米を研ぐ場所を設け、炊飯の準備をし...という気力は残っていません

おかずを作る前に、お米を炊くことが一番なのですが、しょっちゅう忘れるので、何か良い方法はないかと探していました。

 

こちらの記事を見て、▼

無洗米って楽そうだ!と思い、お試しで購入してみることに。

 

無洗米とは

お米を研がずに、水を加えて時間を置くと、そのまま炊くことができるお米です。無洗米にしてラク家事を目指す私と彼(チャビ)の攻防戦をお届けします。

「次から無洗米にするで。楽天でええやつ見つけたねん。」

 

「無洗米って危なくないん?」

 

「危なないわ!何言うてんねん。」

 

「えー、普通のやつにしようよー。」

 

「わかった。じゃあ、お米洗うのチャビが担当な?冷凍してる分がなくなったら、お米洗って、炊いて、冷凍して...ってやってな?できる?」

 

「えっ」

 

「できるやんな?お願いな。」

 

「無洗米にします。」

 

「毎日毎日おいしいお米がいきなりテーブルに登場するわけないからな。分かったかコノヤロー。」

 

「emiさんの負担が減るなら無洗米で。いまどき無洗米やろ、うん。」

彼は、無洗米という言葉が聞きなれかっただけのようです。

 

無洗米の味は

え、おいしいやん?ってなりました。

私は、今まで食べていたお米と変わりがないように思いました。彼も、いつ無洗米に変わったのか気づいていないようでした。よって、味に問題はないと判断しました。無洗米って手間がかからないのに、おいしくて、良い感じ。

無洗米って、ご飯を大量に出さないといけない食堂などで使われているようです。なるほど、大量にご飯が必要なときにいちいちお米を研ぐ時間はないですもんね。

今回購入した無洗米は、「あきたこまち」です。他にも有名なブランド米から無洗米が出ているようで、いまのお米を使い切ったら試してみても良いかなと思っています。

 

emi memo

これからもラク家事のために色々挑戦していきたいです。

無洗米は、ご飯準備の時短、ハードル下げの救世主だと思いました。ぜひ一度、検討してみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

2017上半期読んだ本の中でおすすめの3冊!

しいたけ占い下半期が更新されました。もう1年の半分が過ぎたのかと、しみじみしますね。今日は、上半期に読んだ本の中から、特におすすめの本をブログ記事と共に振り返りたいと思います。

f:id:gtbb250:20170630232939j:image

しいたけ占いはこちら▼

2017年下半期しいたけ占い | VOGUE GIRL

 

▽目次▽

 

多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~

この本を読んで、休止していたブログを再開しようと思ったので、2017年始まりの本って感じがします。これからもブログを更新し続けていきたいです。

 

書評記事はこちら▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

 

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

この本を読んで、働き方について考えるようになりました。時間や場所に縛られることを少なくしたいと思ったし、ブログで収益を得たいなと思う気持ちを後押ししてくれた本です。

 

書評記事はこちら▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

 

わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

書き続けています、マイノート。面倒くさがりな私には、このノート術があっているようです。何でも書いています。時々振り返って、ブログネタのヒントを得たりもしています。安心して忘れるために書いているって感じです。

 

書評記事はこちら▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

 

emi memo

何度も登場している本なので、ブログを読んで下さっている方には馴染みの本かもしれないですね。これからも、たくさんの本を読んで、おすすめの本は書評記事にしていきたいと思います。

 

書評記事の書き方について▼

gtbb250.hatenablog.jp

 

【PR】

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村