クレジットカードの支払いが毎月大変!クレジットカードの正しい使い方とは。

二人暮らしを始める際、何を用意して良いのか分からず、手当たり次第に必要なものを購入していました。

その際に使用していたのはクレジットカードです。購入先は楽天がほとんどだったので、ポイントもつくし、と。

日々の生活に必要な食費・生活費もクレジットカードで支払っていました。

 

二人暮らしを始めて2、3ヶ月はクレジットカードの返済も大変だけど、あと少ししたら落ち着くはずと言い続けて、毎月の返済が正直苦しいです。

自戒もこめて、クレジットカードの使い方を見直したいと思います。

 

クレジットカードの誤った使い方

クレジットカードは、簡単に言うと借金です。その認識が甘かったように思います。

手元に支払う分のお金がないのに、引き落としは来月だからと購入していました。典型的なクレジットカードを使ってはいけないタイプとして分類される使い方です。

 

クレジットカードでの支払いは、目に見えたお金の動きがないために、支払っている感覚がないのが特徴の一つだと思います。

使った分のお金は、自分のお金から引かれます。当たり前です。私の場合、手元にある現金でも買い物していたので、クレジットを支払う分のお金が残っていないという事態が毎月起こりました。

 

クレジットカードの支払いをリセット

このままではいけないと思い、ボーナスでクレジットカードの支払いをリセットすることを考えました。

全て白紙に戻した上で、クレジットカードとの正しい使い方をしようと決めたのです。

f:id:gtbb250:20170623111855j:image

彼に話しをしてみると、「任せるよ。いつもありがとうな。」と言ってくれました。家事全般を苦手なりに頑張って良かったと思いました。信頼して任せてくれている彼との生活のためにも頑張るしかありません。

本当は、旅行にいったり夏の思い出作りに使おうと思っていましたが、これからの生活の方が大事!と考えて、夏の旅行は保留です。

 

クレジットカードの正しい使い方

クレジットカードは使い方によっては、ポイントが貯まったり、支払いがスムーズに行えたり、自分にとってプラスになると考えています。

ボーナスでクレジットカードの支払いをリセットした後は、次のような使い方にしようと思っています。

 

  1. カードで支払ったら、現金をよけておく
  2. 手元にないお金以上の買い物はしない
  3. LINE payに移行する

LINE payという電子マネーのようなカードが最近盛り上がりを見せています。チャージできたり、口座と結びつけることもできるみたいです。デビッドカードのようなものでしょうか。カードを発行しました。ポイント還元率も2%で一番高いとか。

クレジットカードの支払い月が、カードを使用した月とズレるという点で管理しづらかったところもあるので、LINE payは救世主となりそう。ただ、JCB加盟店でしか使えないので、JCB加盟店以外と楽天で買い物するときは、楽天のクレジットカードを正しい使い方で利用します。他はLINE payを使って家計管理を楽にしようと考えています。

 

暮らし始めの家計管理記事です▼

gtbb250.hatenablog.jp

ボーナスが入る日を楽しみに、気持ちを切り替えて家計管理がんばります!

今からでも遅くない!やりたいことリストの作り方を教えます。

私emiのやりたいことリストの記事をみて、やりたいことリストを作ってみたよって人が何人かいらっしゃって嬉しいかぎりです。ただ、リストアップが大変という意見もありました。私のやりたいことリストの作り方は大変ゆるいので、参考になればと思い、ポイントをまとめることにします。

 

ポイントは4つあります。

  • 思いついたことから書く
  • テーマを決めて書く
  • 叶いそうなことを書く
  • 人のやりたいことリストから書く

以下、詳しくみていきますね。

f:id:gtbb250:20170622210109j:image

思いついたことから書く

ひとまず、少しでもやってみたい!と思うことを書いていきます。夢物語だと思うことでも構いません。数は気にせずに書いていきます。

「人生でやりたいことリスト」は仰々しい気がするので、「今年やりたいことリスト」を書いていきます。今年やりたいことと言っても、生きているうちにやりたいことを書いても良いです。毎年書いていくことによって、本当にやりたいことなのか見極められます。

 

テーマごとに書く

テーマを設けて、それについてやってみたいと思うことを考えます。「自由に」が苦手な人におすすめです。自分で大きな枠を作ってあげることで、集中してやってみたかったことを掘り起こすことができます。

例えば、「生活」「料理」「美容」「ファッション」「仕事」「お金」「ブログ」などのテーマで私は考えました。テーマは、自分の興味関心があることで良いと思います。テーマの中でやってみたいことを書いてみてください。

 

叶いそうなことを書く

私の場合、やりたいことリストを書くのって、こんなにも叶ってる!と振り返るのが好きなんですね。だから、叶いそうなことがあったら、それをやりたいことリストに入れるという裏技をします。

例えば「LINE payカードを作る」というやりたいことは、近々作る予定なのでリストに加えました。わかりきっていた予定であったとしても、それがやってみたいことならリストに追加して良いと思っています。

 

人のやりたいことリストから書く

人のやりたいことリストを見るのって楽しいです。お、いいな!と思うやりたいことがいっぱいあります。そんなときは、自分のやりたいことリストに追加。自分では思いつかなかったこと・知らないことを、自分以外の人が書いていて良いなと思ったら、素直に頂くことにしています。

私が書いたやりたいことリストが、他の人のリストに追加されているのを見ると、「そうそう!やってみたいよね!」って思います。ゆるい繋がりができるというか。嬉しくなりますね。

 

やりたいことリストを作ったことで、少し毎日が楽しくなったし、積極的にもなりました。やりたいことを叶えようとするからでしょうか。ぜひ、やりたいことリストを作ってみて下さい。

 

私のやりたいことリストはこちら▼

gtbb250.hatenablog.jp

心がしんどくなって動けなくなりそうな時に読んで下さい。

休み方が分からないあなたへ。

 

今まで十分に、それはもう十分にがんばってきたのだから。ね、ちょっと腰をおろして、休憩しようよ。

 

一度休憩してしまったら、このままずっと動けなくなる!って?

だったら、ずっと休憩しようよ。お休み期間が長くたって問題ないよ。お休みしているあなたも、動き始めたあなたも、あなたであることに変わりはないです。そう、私から見るあなたには変わりがない。変わった!変わってしまった!と思っているのは、あなただけかもしれないよ。

 

休憩なんてしたらダメだ!進み続けないと!なんて思ってる?

 お休みしたらダメだと誰が決めたの?それって自分じゃないかな。自分で自分のこと、縛ってるんじゃない?縛るより、抱きしめてあげよう。あなたは、息がつまる程がんばってきたんだから。まずは、私が抱きしめてあげる。そして、自分自身でも抱きしめてみてね。自分が震えていることに気づくでしょう。そっと抱きしめてあげて。

 

休憩の仕方なんて分かんないよ!って?

お休みの仕方もね、色々あるよ。人それぞれだよ。好きなこと、すればいいんだよ。寝てたいなら、寝る。出かけたいなら、出かける。好きな方へ。心が動く方へ。人からも、そして自分からも自由になろう。

 

f:id:gtbb250:20170621082734j:image

 

私の母の心が弱ってしまってから、ずっと伝え続けているメッセージです。

メルカリの発送で、らくらくメルカリ便とスマートレターのどちらが良いかを比較してみた。

らくらくメルカリ便とスマートレターを使い分けてみました。サービスのメリット・デメリットを比較したいと思います。今回は書籍をメルカリで出品した場合についてです。

 f:id:gtbb250:20170620112722j:image

特徴を3つあげると、

らくらくメルカリ便
  • コンビニでサクっと発送
  • 宛名書き不要
  • 追跡サービス

 

スマートレター
  • 郵便局でスマートレターを購入
  • ポスト投函OK
  • 梱包材料は不要

 

らくらくメルカリ便のメリット・デメリット

メリット

アプリ内でらくらくメルカリ便を使って発送するボタンを押し、コンビニ内の機械でバーコードを読み取らせ、レジにて手続きするだけ。とても簡単な発送作業でした。

え、これで終了?お金は?となりますが、売上金から徴収されます。書籍だと一番小さいサイズのメルカリ便になるので一律195円。お金を用意する必要がありません。

発送が完了したら通知ボタンを押します。すると、いまどこに商品があるのか配送状況が分かるようになっています。これは、出品者・購入者共に嬉しい機能だと思います。あと、依頼主控に到着日が書かれてあったのも、購入者に伝えることが出来るので良いなと思いました。ヤマトと提携しているからか、住所の関係か、翌日配送でした。

 

デメリット

らくらくメルカリ便は、持ち込み先が大和営業所かコンビニです。コンビニの場合、ファミマかサークルKのみ。展開するコンビニを増やしてほしいですね。

あとは、梱包でしょうか。スマートレターはそれ自体が梱包材料の代わりになりますが、らくらくメルカリ便の場合はこちらで用意しないといけません。当たり前ですけどね。レジで荷物を受け付けてもらう際に、サイズが規定通りかをチェックされたときにオーバーしてないか心配でした。スマートレターは専用の封筒に入れるので、それに入らなかったら発送できないということがすぐに分かる仕様となっています。

 

スマートレターのメリット・デメリット

メリット

スマートレターの専用封筒に入れるだけで良いので梱包材料が必要ないという点です。梅雨の時期だと袋に一応入れますが、基本的に本をそのまま入れています。評価でその件について触れられたことはないので、問題ないかと思います。

スマートレターには宛名を書かないといけませんが、私は宛名シールを使っているので自分の住所の分は記入不要です。購入者の住所を書いてシールを貼って終了。郵便局に本を持っていき、スマートレターを購入、宛名シールに住所を書いて貼り、その場で投函も出来ます

基本的に、スマートレターを何枚か購入しておいて、商品が売れたら梱包し、自宅近くのポストで投函しています。ポスト投函OKなのはありがたいです。

 

デメリット

スマートレターとして一律180円で送るには、専用の封筒を郵便局で購入する必要があります。コンビニでも販売しているようですが、コンビニによりけりみたいで、このコンビニで必ず売ってる!ということではないみたいです。

他には、届くのが、3〜4日と日数がかかることぐらいです。

 

比較結果

らくらくメルカリ便が対応しているコンビニが近くにあるならば、らくらくメルカリ便をおすすめします。商品到着が早いし、売上金から送料を引いてくれるって気持ち的に出費がない。

郵便局が近くにあるなら、スマートレターをおすすめします。あと、梱包材料ないよって場合も。180円を都度払いしないといけないですが、何枚かスマートレターを購入しておけば、あとはポストに投函するだけです。

対象コンビニと郵便局、どちらが近くにあるかで決めたら良いと思います。私の場合、どちらも同じぐらいの距離にあるので、家に梱包材料があるかないかが決め手ですね。

 

emi memo

もともとはスマートレターユーザーですが、ふと、らくらくメルカリ便ってどーなの?と思って使ってみました。自分にとっていらなくなったものも、誰かが使ってくれてまたそれがお金になるなんて嬉しいから、メルカリは積極的に利用しています。

西大橋のyobareyaで白いカレーを食べてきた!

やりたいことリストに書いていた「白いカレーを食べる」が叶いました。お店の雰囲気もよく、白いカレーもとてもおいしかったので記事にします。

やりたいことリストです▼

やりたいことは周りを巻き込む

友達に会うときや、彼と出かけるときに、やりたいことリストをついでに叶えることは出来ないかな?と、やりたいことリストを確認するようにしています。

もともと「どこ行く?」「なにする?」と中々決まらないことが苦手で、自分の提案としてやりたいことリストを利用して答えていたのですが、最近は積極的にやりたいことリストの中から「ここに行きませんか?」「これをしませんか?」と提案するようにしています。その方が早く決まるし、私もやりたいことを叶えられるし、良いことばかりだと思ったからです。

久しぶりに友達と会うことになって、以前売り切れで食べることが出来なかった白いカレーのリベンジがしたいと伝えました。この友達はリアルの友人でブログの存在を教えた唯一の人です。

 

お店の雰囲気

お店に入る前からお洒落感が漂っています。

f:id:gtbb250:20170618204036j:image

場所は、西大橋というところです。大きなくくりで言うと難波になるかと思います。私は西大橋の雰囲気が好きです。

f:id:gtbb250:20170618204230j:image

混雑していなくて、時間の流れがゆるくて、でも新しい何かがあって、という雰囲気。ぜひ一度味わって頂きたいです。

中に入ると、リノベーションした物件の感じがしました。こだわりの店って感じ。

f:id:gtbb250:20170618204052j:image

19時頃の店内は薄暗く、ムードがありました。デートに良いなぁと思ってたら、後からカップルが来店しました。男性1人でカウンターに座って食べていたり、大学生くらいの女性2人がいたり。夫婦らしき2人もいました。

 

白いカレー

注文した白いカレーがテーブルに運ばれてきました。

f:id:gtbb250:20170618204127j:image

私は、初めてのお店ではそのお店のおすすめもしくはプレーンなものを頼むと決めているので、トッピングを追加したい気持ちを抑えつつ、シンプルに白いカレーを注文。カレーは白いカレーとキーマカレーの2展開で、この日はキーマカレーが売り切れていました。

f:id:gtbb250:20170618204212j:image

白いカレーというのはココナッツカレーのこと。甘みがあるのですが、ハーブ?スパイス?がきいていて、ピリっと辛かったです。私はカレーは甘口しか食べないので少し辛いと思いましたが、友人は全然辛くないと言っていたので、たぶんほとんどの人は辛いと思わないだろうと思います。

白いカレーおいしかったです。また食べに行きたいな。母が好きそうなインテリアだったし、両親を連れて行くのもありかなと思いつつ、男性にとってあの量は少ないと思う。追加料金で大盛りにできるみたいですが。お腹が空いていた私は、大盛りにすれば良かったと少し後悔しました。次は大盛りにします。

 

emi memo

カレーというと、京都二条の鳥の巣カレーが大好きなのですが、この白いカレーも好きになりました。これで、カレー食べたい病が発症したときの対策店が増えました。

店名は、yobareya。看板の数字が4808になっているのも面白い。ぜひ、お店に立ち寄ってみてください。